読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

このままじゃ終われない

 子供の頃――正確には、小学二年生か。

 好きになった女子の名前を友達に言ったら、次の時間にはもうクラス中に広まってて、周りにからかわれたことがあった。

 いや、何がショックって、友達に裏切られたことが一番ショックだったが……(あの友達は今も生きてるのだろうか。個人的には、死んでいてほしいが……)

 まぁ、その女子には急にそんなことに巻きこんでしまい、かわいそうなことをしてしまいましたが……しかも、好きになった理由が髪が長いからって、いや今も長髪好きだけど。ロン毛大好きだけど……もう何だろう、貞子もOKとか言う気なのか、俺は。

 

 

 昨日はバイトが午後からで、行く前に本読んだり。バイト終わったあとも、映画観たり、analectaの更新したりしてた。割とハードだ。

 本は『虎の道 龍の門 弐』。いや、今野敏先生の作品が好きなのもあるが、格闘技系の小説を見て格闘技勉強しようとね。アクション描写をもっと鍛えたいんだよ。

 あと、『フューリー』見てた。

 ブラピのあれ。戦車に乗ったアメリカ兵たちが、ナチスとドンパチやる。

 ほんと、細かな描写もリアルで一瞬でWW2の世界観にのめり込んでしまってね。

 個人的に一番すごいと思ったのは、死体のシーンだ。

 水分失ってクチャクチャになったトマト――のような死体。泥にまみれて、泥なんだか死体なんだか分からない死体が、戦車のキャタピラにひかれるんだ。すると、血がジッと――それこそトマトのようににじみ出る。

 あそこは、『フューリー』の世界観をたったワンシーンで表現してるようだった。

 その他にも残酷描写は続いて、ほんと戦争なんて最悪なんだと思うんだけど。

 でも、戦車の中にいる仲間達の絆だけは本物だって分かってね。

 ほんと、良い映画でした。

 

 今日もバイトだけど。

 小説のやつやって。

 あと、本と映画を摂取しないとな。

 このままじゃ、終われないから。

 まだ、負けられないのである。