読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

ふと覚醒する(『ビー・デビル』 感想)

 目薬なくしたんで、しわしわする……。

 

 どんな枕だよ。

 そういや、日曜は校正をしつつも映画を見たりしてた。

 あんなピンチでもまだ見るかという感じだが。

 ニコニコで見た、『ビー・デビル』という映画だ。

 

 ニコニコで見たから、と思いたくないが。

 しょうもないコメントを出すのがいて、アホらしかったが。いや、そんな奴らはどうでもいいのだ。

 

 すごい、傑作だった。

 ホラー映画特集でやってたんだったか。で、実際見てたらホラーというには長くて……幽霊もでないし、何をやるのかと思ったら……うわぁという展開になっていてね。

 男尊女卑なんてのは、世界中であることで。

 韓国だけじゃなく日本でもあったし(文化系トークラジオだっけか、リスナーからのでまだ女性は本を読まなくていいとか、言われてる地域があったんだったか? いや、多分だが)

 中国の纏足、というか西洋なんて聖書がどうたらこうたらで、英国は~そしてアメリカは~さらに、他のことも言うとクチにもしたくないのがあるが。

 だから、特定の地域だけに起こることじゃなく、全ての場所で起こるかもしれないことだ。

 

 それはこの映画の冒頭からも伝えられているが――(というか、途中から見たのでくわしくは語れんけどさ)

 主人公の女性は、とある事情で(これまた、変なことだが)休暇を渡されて、しかたなくヒマだからと、幼い頃に過ごしていた島に行くんだね。

 バカンスだよ、バカンス。

 ちょっと、都会の喧噪を忘れて田舎に――で、その田舎がすごかったって話だが。

 田舎には幼い頃、友達だった女の子――だった女性が住んでいるのだが……これが……もうね。さっきの話になるけど、凄まじい男尊女卑の村で。しかも、差別したり奴隷のように扱うのは男だけじゃなく、女の側――老婆もだったりしてね。いや、これはこの映画だけじゃなく、他の国でも実際そうらしいんだ。あんま、語りたくもない内容だが。

(いや、俺も他人の事言えるほど、良い奴ではないけどさ。それでも、クチをふさぎたくなる程なんだ)

 

 ……で、ある人物が、とことん追いつめられるわけだ。

 それこそ、これまで自分を支えてきた大事なものまで失うんだね。

 ある意味、『ダンサーインザダーク』という映画は、それが失われてなかったから、最後まで黄金の魂を保っていられた。

 だが、それさえもこの人物は奪われたのだ。

 失ったんじゃない。

 奪われたのだ。

 そして、……太陽をふと眺めていたら、ふと覚醒する。

(そう、人が覚醒する瞬間というか。何かを決断するというのは、フィクションらしく、派手なシーンにする必要はないんだね。それこそ、何でこんなことで? という内容で覚醒してもいいんだ)

 ようは、最後は『キャリー』のようなことが起こる。

  いや、一度ブログに書いたこともある映画でいうと。

 『サイレント・ヒル』か。

 

 さらにいえば、高倉健さんの一連の映画みたいともいえる。

 とことん、ある人物は追いつめられる。

 いじめ――虐待? 正直、虐待という言葉すら、その人物がやられたことは表現できない。本当に心の底からおぞましく、嫌悪感がからみつき、怒りが湧いて――『あ、もう駄目だ』と思わせるんだね。

『もう駄目だよ。殺すしかないよ、こいつら』と観客もある人物も思ってしまうんだ。

 そこからはもう、徹底的にこれまでの怒りをぶちまけて復讐するのだが。

 ……ほんと、凄まじい映画だった。

 

 ちなみに、映画館で購入できるパンフは結構内容が良かったらしいですね。

 三角さんのブログを見ると。

 500円らしいが……映画秘宝の田野辺さんの記事や、モチーフになった事件もいくつかあるらしくて、それの解説もあって観客用のパンフというか。関係者用の資料か! ってレベルだったらしい。……ぬぅ、欲しい。てか、映画館でみたかった。

 心底、今頃知ったのに後悔した……。

 映画館で観たら、多分恐怖は数億倍上がっていたんだろうな。……ぬぅ。