読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

言ってしまえば、こち亀の中川家みたいなもんだよ(『アイドルマスターシンデレラガールズ 2nd 22話』 感想 訂正)

   さて、『アイドルマスターシンデレラガールズ 2nd 22話』を見たわけであるが。

 

    

       
  「アイドルマスター シンデレラガールズ」第22話次回予告ムービー - YouTube

 

 346常務とはこれで決着?

 ずいぶんとあっさりしすぎてる気がするが、まだ何かあるのかな。

 意外とカタルシスは少ない。

 いや、アイマスは結構そういう要素は少ない方なんだけど。

 

 アイマスって、スポットライトの裏側を見せるアニメなんだよね。

 ラブライブがスポットライトの世界を前面に押し出すなら、こっちの入り口はまず楽屋からになる。そして、スポットライトに照らされた舞台になるのだ。

 作中で、一人倒れたが。

 なにも彼女だけが問題ではなく、誰にだって起こりえることだ。(事情は違えど、一期では新田がそうだし。あと、現実でもAKBのライブなんてもう……ぜひ、ドキュメンタリーを見て絶句してほしいが)

 

 しかし、今回の話を見てておもったのは。

 今まで、346常務の面々って全員向いてる方向がバラバラだし。

 まとまりがないなぁ、とは思ってはいたが。

 でも、それもそのはずで。

 大会社だから仕方ないんだよね。

 言ってしまえば、こち亀中川家みたいなもんだよ。(これ、分かる人いるかな)

 中川家は豪邸というか――超、超、超豪邸というか。

 街一つ分は余裕である敷地を持ち(もはや豪邸というレベルじゃない……)家の中で迷子――いや、遭難するレベルなんだね。家族だって一同に会するのなんて奇跡に近いし。

 それといっしょなんじゃないかと思う。

 あんだけでかい会社にいれば、全員が一丸と、なんて難しい話だ。

 見渡せば簡単に全員が見えそうな765とは違うのだ。

 だからこそ、シンデレラガールズの強さも見られた。

 彼女らはユニットになって小分けされ、それぞれで絆は強まったが、逆に一丸となる力は薄まったように――は、ならなかった。

 765ほどじゃないとしても、それぞれ異なる価値観を持つ者だとしても手を取り合い、ライブに赴くメンタルを手に入れた。別に心を一つにする必要なんかない。心が二つや三つでも四つでも、それでも共にいることができる。それを体現していたといえる。

 だからそれは、本田未央と島村卯月が出られなくなっても、他のメンバーが入ったことで補給された――というのも納得できる。

 765は一人でも欠けたら駄目、ということになりそうだが。

 こっちは違うんだね。

 それでも――それでも、前に進みたい。アイドルをやりたい。

 だから、臨機応変に戦う。

 それが、今のシンデレラガールズの集団としての在り方なんじゃないか。

 

 ――と、良い感じに語ったけれど。

 でもアイマスは良い一面だけを語る気はないようである。

 それは346常務に関してもそうだ。

 彼女が現れたことで346というお屋敷は混乱し、シンデレラガールズもドタバタして変わらざるを得なくなったが、変わったことで新しいメンバーが入ったし、鍛えられたりもした。それに、彼女自身が行ったプロデュースも今回のを見る限りじゃ、悪くなかった。

 渋谷凜のトライアドね、カッケェェェツ! と思ったけど。

 西洋的な、二つの対立だけで描くのではない。

 どちらも良いとこと悪いとこがある、だから――と考える、東洋思想的なやり方だ。

 それが、今期のアイマスといえる。

 だから、今回見えてきたシンデレラガールズの集団の在り方についても、良い面があるなら――悪い面も見えてくる。

 それをありありと体現してみせたのは、皮肉にもこのアニメのメインキャラクターであるはずの島村卯月だ。

 

 このアニメの本質が見えてきたかもしれない。

 これまで各々のアイドルが困難に立ち向かい、挫折し、立ち上がって克服してきた。

 成長してきたが。

 それで、個にばかりに目がいっていた。

 実際は個人を簡単に呑み込むような大海原――それにどう、アイドル達が行動するのかが、物語の本質ではないのか。

 海に流されるだけだと大変だから、島を作る人もいるだろう。

 だがその島も嵐で壊れるかもしれない。

 だったら、また新たな島を作ればいい。いや、もしくは船でも造るか。

 臨機応変な対応ができるなら。

 変化を望む者なら、こういうこともできるかもしれない。

 だが、望まない者は?

 臨機応変な対応ができない奴は。どうすればいいのか?

 ……いや、何か前にテーマを決めたくないと言ったのに決めそうになっちゃったけど。

 また、この大海原の話から、シンデレラとは――さらにそこから、そもそもアイドルとは――という話になって、いいかもね。

 

 前、ツイッターで島村卯月のことを。

 男性の願望そのものみたいで気持ち悪いっていう――だっけか。ツイート見たけど。

 正直、最初それを見た時はブッ殺してやろうかと思ったけど。

 でも、よく考えるとそれも込みで、の話かもね。

 男性の願望そのもののアイドル。望むがまま、その通りに行動する。それは、一見互いの(ファンとアイドルの)目的を達成して良い風に見えるかもしれない。しかし、実際それは人間というよりロボットじゃない? となるのでは。

 

 ……多分、今期も前回の主役・春香のようにバッシバシやられるんだろうけどさ。

 でも、やっぱり物語で何かに立ち向かうキャラクターってかっこいいんだよね。

 好感が持てる。

 尊敬する。

 そんな人がいるなら――あの人ががんばったんだから――と、現実にだって反映することもできる。

 ロッキーでも何でもいいけど、追いつめられて追いつめられて、それでも立ち上がって――そこにこそ、やはり作品を見るっていう価値があるんだろうね。

 立ち上がることを絶対視するつもりはないが。

 でも、やっぱキレイなものはキレイだ。かっこいいものは、かっこいい。

 

 ドーンッと島村卯月を追いつめて、最後には立ち上がって再度輝いてほしい。

 そう思った、蒼ノ下雷太郎でした。