読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

ホラー映画で『肉』って題名だとやることは一つである(『肉』 感想)

 ニコニコで、『肉』を見た。

肉 [DVD]

肉 [DVD]

 

 

 まぁ、ホラー映画で『肉』って題名だとやることは一つである。

 何も予想を裏切らない。予想どおりのことが起こる。

 江頭2:50さんが現れたら、そりゃ脱ぐし。

 町山智浩さんがコメディを語ったら、そりゃ脱ぐし。

 もう一種の、宇宙の理のようなね。何言ってるんだろう俺。

 

 えーとまぁ、ネタバレなるのかな。いや、俺けっこう映画の感想でボロボロネタバレしてるけどさ。

 このジャケットから連想される通りのことが起こる。

(関係ないけど、DIRENGREYの名曲で『脈』『FILTH』って曲がある。ラブソングだ)

 

 あるさびれた町に、ある一家が住んでいる。

 そこの母親がある日、病気で死んじゃうんだ。

 あるある多すぎるな。

 ともかく、それ以降は娘達しっかりしろよ、と父もそろそろ歳で引退だから、と。

 あることを任される。

 また、あるあるだ。

 娘達――姉妹も、まだ小さい弟もいるし、がんばらなきゃと意気込むんだ。

 あるある

 話とは関係ない話をするが、このさびれた町では度々、行方不明者が出てて――

 

 この一家に受け継がれているあることというのは、伝統として受け継がれてるんだ。

 駄目な日本映画のようにぺらぺらと説明したりはしないが、ざっと軽い説明はある。

 一家のはじまりの世代から、行われてたことらしい。

 貧しく、食べるものが限られて、寒くてこごえそうで――

 タチの悪いことに、あることは宗教心とむすびつけられ、より頑強な信仰心強いものになってしまった。というか、冷静に考えれば初代がやっていた頃とは違って、食べるものは困らないはずなんだ。娘達はそれを知っていた。(学校にはちゃんと通ってたらしいし)だから、彼女らはあることをするのに戸惑う。

 そう、あることをするか・しないか

 続けるか・続けないか

 いくつもの二択に戸惑い、葛藤する。これは一種の青春映画として見ることができるんだ。

 途中で全てのあることは暴かれてもう万事休すかと思うが、伝統を守ることに熱心な父親はそれを許さず――最後も、姉妹はこのまま伝統に呑み込まれるんじゃないかと危惧したが――ま、それ以上は楽しみを奪うので、興味ある方はごらんになっていただければ。

 

 何か内容をぼかして分かりづらいかもしれないが。

 ま、それでも気に入った方は見ればいいと思います。

 最後は、「あっ」と驚く展開になるのでね。

 最初は予想どおりと散々言いましたが、予想どおりなのは序盤だけでね。

 ああ、ホラー映画だしね……と。

 でも、最後はそうくるかと、そうなっちゃんだ(泣 と悲しむこと間違いなしなので。みなさん、予想を裏切られてください。

 以上、蒼ノ下雷太郎でした。