読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

『世にも奇妙な物語』にはまった(感想)

テレビドラマ

 『世にも奇妙な物語』にはまった。

 どれも面白い。基本、名作。というレベル。

(いや、ずっと前から面白いとは思ってたが。古いのはとてつもなく面白いと実感した)

世にも奇妙な物語1 [DVD]

世にも奇妙な物語1 [DVD]

 
世にも奇妙な物語2 [DVD]

世にも奇妙な物語2 [DVD]

 
世にも奇妙な物語3 [DVD]

世にも奇妙な物語3 [DVD]

 
世にも奇妙な物語4 [DVD]

世にも奇妙な物語4 [DVD]

 

 

 

 個人的に特に好きな話は。

 ・『大予言』

 ・『悪魔のゲームソフト』

 ・『復讐クラブ』

 

 ・『大予言』は、今でいう『ガッチャマンクラウズインサイト』に近いんじゃないか。

 内容は、テレビ番組で、有名な予言者に「三日後にあなたは死にます」と宣告された青年の話。

 最初は「そんなのあるはずがない」と余裕ぶってた青年がね、段々と不安感にかられ。

 マスコミや、大衆も、そんな彼におかまいなく好奇心で近づいて来たりしてね。

 集団の流されやすさ、マスコミのゲスさなどを的確に描いて、最後の結末も「あぁ……」と納得してしまうものだった。

 これ、こんな昔に作られてたんだな。

 とても、普遍的なものを扱っている。

 

 ・『悪魔のゲームソフト』は、写真をスキャンするとその写真の人物をゲームの世界に取り込めるゲームソフトをする少年の話。

 いや、人によってはまたゲームが悪者かよ……と思うかもしれないけど。

 別にそういうわけじゃないんだよ。

 問題なのはゲームというより、少年の心。子供だから、誰だって母親や父親に「うぜー」「いっそ死んでくれないかな」と軽い気持ちが思ったことがあるはずだ。皮肉なことに、子供だからそれを平気で実行しちゃうんだよね。本当に。

 そこが、とても怖かった……。

 

 ・『復讐クラブ』。

 さらに、上記の作品の次にやるのがこれ。

 そう、だから人の加虐性というか。こういうのって、大人も子供関係ない。みんなあるもんだよね、と突きつけるんだ。

 もう題名から分かるとおり、紙に書けば復讐を代行してくれるクラブのこと。

 ただ、このクラブはその復讐の代行を、会員の誰かがやるっていうのが、特徴で。

(ようするに、交換殺人に近い。とはいっても、作中じゃ一応殺人は行われてないが)

 最終的には、みんな復讐クラブに入ってるんじゃないか、と思わされてね……これまた、怖いホラーでした。何が怖いって、それがありありと分かっちゃうんだよね。誰もが誰かに復讐したいって、あるもんだから……だから、怖い。

 

 以上、蒼ノ下雷太郎でした。

 

 

 

 次回予告!

 

 デレマスの記事で、早速書き忘れた次回予告ですが。

 次は、おそらく『隣人13号』の感想を語りたいと思います。

    
         隣人13号(プレビュー) - YouTube

 

 小栗旬中村獅童、のダブル主演。

 井上三太原作の漫画は、はたして――乞うご期待。