読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

川越道中記(川越スカラ座に火曜行ったよ。いも恋、食ったよ)

 ちょっと風邪引いた。

 掛け布団一枚あるかないかで、簡単に風邪を引くこの頃。

 でも、今日は十二月一日であり、川越スカラ座では橋口亮輔監督の恋人たち』がやってるじゃないか……俺は寝込んでいたとこを慌てて起き上がり、行きの途中、レンタルで借りたのを返せるようにDVDをつめこんで、養老孟司アルボムッレ・スマナサーラが対談した『希望のしくみ』を持って、家を出た。

 外は寒く、風は冷たく、バファリンで癒した俺の心は一瞬にして死ぬ。ガタガタと歯を鳴らしながら、ホームのベンチで『希望のしくみ』を読んで電車を待ち、電車に乗っても『希望のしくみ』を読み、周りから見たら希望を欲しすぎだろと思われるかもしれない。そりゃそうだ、また新人賞落ちたもの。ちきしょう。

 

           f:id:aonosita:20151201201725j:plain

 川越に着くと、久々だったんでスカラ座の場所が分からず、軽くパニる

 この前見た終物語でも迷子になる話だったが、道で迷うなら道じゃない道を行けばは通用せず、てか俺にそんな身体能力はねぇ! 仕方なく、誰か適当な人に声を掛ける。人力車の人は知ってるかなぁ、と不安ながら声掛けたけどすぐ察して、すらすらとスカラ座の場所を教えてくれた。流石である。力だけじゃなく、知識でも人を運んでくれる。無駄に頭の中で感謝感謝フィーバーしてしまった。

 

 だが、スカラ座は火曜が定休日である。

k-scalaza.com

「やった、着いた……あれ、チケット売り場が閉まってる? ……あ」

 日常もので大体うっかりというか、おとぼけというか、いやフォローなしに言うと馬鹿が登場するが、それの典型的なパターン。定休日なんて気にせず出向いてしまった。月のはじめは、割引になって1000円になるっていうから、欲に目が眩んで定休日を忘れてしまったのだ。

 orz、って文字がありありと頭に浮かび、本当にそんなポーズをしたくなる。

 しゃーねー、適当に川越をブラブラするかと、スカラ座の前にあるラーメン屋入ろうか数分迷うが金ないし、節約と逃げる。冷静に考えると映画観ようとした男が何やってんだ。

 で、ヨソで『いも恋』ってまんじゅうを買う。

  ほっかほかに温まった『いも恋』である。

 画像で分かるとおり、上はあんこ、下はいも、が入っており、その上下のバランスが絶妙で甘さが抑えられ、同時にいものもほもほさも抑えられ、両者がタッグを組んで、俺の味覚を巧に攻撃してくれる。あと、腹持ちもよく、一個でも結構食ったという感覚がある。げふっ。

 これなら、ラーメンを食わなくてもよかったなと言い訳して、いやホントは食いたかったけどそう言い訳して、店を去る。

 他にも、良さそうな急須があったのでついつい買ってしまう。これで映画の料金をあっさり超えたが、惜しくはない。今までやたらでかい急須(葬式で大勢に使うような)を使っていたので、ちょっと人らしい道を歩めてるようで心が癒された。

           f:id:aonosita:20151201202012j:plain

 (……すまぬ、縦画像で。アップしたはいいが、これにしかならず、困っている。がんばって部屋の個性を出さないようにしてるが、ちょっとだけあのキャラの顔が見えてる。気にするな)

 

 

 ……で、帰ってきたはいいが、風邪が再発して寝る(そりゃそうだ)。

 で、うどん食って体力回復して今これ書いてる。結局、何しに行ったのか分からない。というか、映画どうしようと思うのだが……どうしようかな……。