読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

まじ、十四松天使(『おそ松さん 第9話』 感想)

アニメ 感想

『おそ松さん 9話』の感想である。

 といってもニコニコで見てるので、どうしてもリアルタイムとは一週間遅れの差があるけどさ。

www.animate.tv

ch.nicovideo.jp

 

 予告動画がないんで、とりあえずこれ。

 今回は冒頭にデリバリーコント、でカラ松の話十四松の話でね。

 デリバリーコントは相変わらずシュールというか、視聴者を独特な雰囲気に連れて行く。いい……激しく、いい!

 カラ松はすっかりこういうキャラでね。

 チビ太、一番まともと思ってたら、そうでもなかったっていう。てか、チビ太お前カラ松には優しいよな。十四松の話でもカラ松がボケても、おそ松を殴ったし。

 ……で、何より十四松の話である。

 明確に提言はしないんだけど、ちょっと考えると(そういうことかな?)と考察しがいのある話でね。いや、単純に堂々と出しちゃうと無駄にインパクト強いってのもあるのかな……。おそ松さんが、あの子のAVを見つけた絵が出たら嫌でしょ?

 いやまぁ、AV出演って言っても、人によって誇る誇れないはあると思う。

 でも、多分彼女は本意でやったんじゃないんだろうね。本意でやってないなら、誰だって、別にAVじゃなくたって嫌になるよね。

 そんなときに十四松みたいなポジティブ100%なのと出会ったら、そりゃ惹かれるに決まってる。

 いずれ、再会話がでたらいいなぁ……。

 

 ま、ともかく十四松がイイ! ってなる話でした。まじ、十四松天使。

 以上、蒼ノ下雷太郎でしたぁ。