読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

エロ小説を書くのは楽しい(『禁断の女子刑務所』 感想)

映画 感想 Vシネ

 エロ小説を書くのは楽しい。

 創作活動がストレス発散やある種の解放になってるものは多いが、そして意外なことにそれが評価されやすかったりもする。『進撃の巨人』なんてとくにその例で、吐き出さなければ死んでしまうほどの想いだからこそ、見る人を圧倒するエネルギーにもなるのであろう。

 で、エロ小説。

 やりたいことが見つからない、仮面ライダー555の乾巧よろしく、無気力で何もないと嘆く者は昨今多いであろう。だから、創作活動に解放などなく、できたとしてもできあがった作品はラップしてチーン程度のものにしかならない。

 そんなあなたにもおすすめなのが、エロ小説なのである。

 これほど解放の場としてふさわしいものはない。

 町山智浩さんが、「誰もがみんな何かの少数派」といったことがあるが、エロなんてとくにそう。大体誰もが人に言えない趣味なんてあるんじゃないか。

 そして、それを解き放つには――

 

 

 どうも、蒼ノ下雷太郎です。

 あれですよね、小説書かなきゃっていけないときに、現実逃避でブログ書く。

 ――てへっ!

 

 久々に映画紹介。今回はニコニコでやってた『禁断の女子刑務所』。

禁断の女子刑務所 [DVD]

禁断の女子刑務所 [DVD]

 

  一応、R15となってるが、そんなにエロがあるわけじゃない。

 少なくても某とらぶる先生よりかはない。(Vシネよりエロが多いってすごくないか……)

 作品は、あらすじにも書いてあるからネタバレじゃないと思うが。一言でいえる内容だ。

 

 一人の女性が、一度の刑務所収監から――出所してもまた犯罪を繰り返し、ずるずると刑務所暮らしを続けていく話だ。

 

 冒頭、馬鹿な男のせいで刑務所暮らしになる。

 女子刑務所。

 刑務所ものといえば、網走よろしく裸でシャワー浴びたりすんのか。

 もしくは、刑務所ものよろしくいじめがあるのか。

 それとも、プリズンレイクか? と思ったら、最初の刑務所は大したことは起きない。

 極道の妻をかたって、それがバレていじめられた奴を助けた――くらいしかない。

 それこそ、某日常アニメのようにうまく過ごしていく。

(これ、刑務所だよね!? と思うくらいに)

 刑務所での暮らしは事細かに描かれてリアリティあるから、余計にね。

 で、そのまま無事に出所。

 どうにか罪を償うのだが――

 男のせいで刑務所送りになったのに、その男は違う女とできていて――それが原因で、ヤクに手を出したらしい。(ちゃんとは説明しない)、二度目の刑務所になる。

 今度は、最初にたまたまいた昔の後輩はいない。

 一人。

 初っぱなから、前回他の奴をいじめてたグループに目をつけられ、いじめられる。

 抗ったら抗ったで、手足を拘束され収容されるは。

 病気になって病院送りになるは――。

 

 で、途中ある大転換が起きて。

 主人公は脱走を試みるのだが(ここも、ちゃんと理由があってね)。

 ま、最後は結局捕まって、刑期がまたぐーんと伸びて行くっていう……夢も希望もない話。

 しかし、だからこそ、この手の話は価値があると思う。

 現実じゃない物語だからこそ、夢も希望を描くのが重要なのかもしれない。

 確かに重要だろう。

 だが、それだけでは駄目だ。現実には、やはり夢も希望もないって一度思い知らないと、戦う術も気力さえも忘れてしまう。

 そういう意味で、中々よい映画だった。みつお。違った、蒼ノ下雷太郎でした。

 した!