読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

I’ll 第七話「戦い」 (7start 2.0 番外編)

7start番外編

  7start 2.0 番外編

 *スマホだと一部表記が乱れる可能性があります。

 

 

 これまで、まとめ。

 I’ll まとめ (7start 2.0 番外編)

 

 前回。

 I’ll(7start 2.0 番外編) 第六話「生きる?」

 

 

   I’ll 第七話「戦い」

 

 023

 

 ――僕は戦うことを決めた。

 

             (interface_guide)
           状況を整理しましょう。
        ①あなた達は捕らえられている。
         一、手をうしろに回され、手首と足首をゴム紐(自家製)で拘束。


         二、眠り粉のようなものを布に染み込ませ、かがせた。
           だから敵はあなた達がまだ眠ってると思ってます。


         三、あなた達を誘拐した理由は、おそらくVへの揺さぶり。
           さっきも話した通り、要求に従う・従わない関係なく
           Vの信用を落とすことが目的で、人質はまず命がないでしょう。


        ②助けはまず期待できない。
         一、場所がどこかも分からない。Vの者達が捜せるかどうか。


         二、ガイドがいるからそこはあなたは楽勝ですけどね。
           森深くの小屋にあります。正確な座標は――
             (/interface_guide)

 

 ガイドは容赦のない現実を突きつけた。
 ……いや、今はそれが重要だ。正確な情報、細心の注意でやらなきゃ……。

 希望的観測で失敗することは許されないんだ。
 ともかく、僕らがおかれてる状況は分かった。
 だが、このいくつかの状況は解決できてるのも多い。

 

 まず、この拘束してるゴム紐は僕の能力なら破ることができる。
 体の一部を硬質化する能力――それだけじゃなく、僕は身体能力も多少強化される。

 肉体の一部を変えるには、それぐらいの変化が起こるってことだろうか。
 ともかく、それでゴムは大丈夫。


 そして、眠り粉もこの通り、平気だ。敵は分量を間違えたのか、目はぱっちり。
 それは、横になって眠っている僕のうしろにいる――少女、リスも同じだった。

 

 ……さて、問題はこれからどうするかだ。
 助けが来ないのは分かった。僕はガイドの力を借りてるから、場所が正確に分かるが、Vには厳しいだろう。

 

               (interface_guide)
         また、彼らはカバタ族の犯行だというのも
             隠して行っていますね。
        突入した際に銃火器を使用したのもそのため。
           あのあと、何度か発砲しました。
  それは、本来自分らが使ってる武器じゃなく、他の者達がやったと思わせるため。
               (/interface_guide)

 

 だから、捜すのは余計に困難だろう。
 出だしからつまずいたら……せめて、カバタ族の犯行だとすぐに分かれば違うかもしれないが。

 

               (interface_guide)
        あなた達が生き延びるには、二つの方法があります。

               ①敵二人を倒す。
               ②もしくは、逃げる。
               (/interface_guide)

 

 だろうな。
 敵は¥実力はあるかもしれないが、まだ経験不足がうかがえる。
 見た目から考えても若い奴らの犯行だろう。そのため、細かなとこが甘い。
 この睡眠薬にしてもそうだし、クジラを……殺したのもそうだ。
 あれは余計だった。
 それを考えると、勝機はあるんじゃないか。クジラを殺したのはおそらく風による刃だと推理。一人は能力も分かったことだし、うまくやれば――いや、あまり自信過剰になっちゃだめか。
 ここで、僕が選ばなきゃいけないのは――両方だ。
 もっと言うなら、①を少々。②がメインディッシュ。

 

               (interface_guide)
                そうですね。
       敵二人を倒すまでは考えなくてもいいと思います。
       ただ、逃げるにしても戦闘は避けられないでしょ。
   あまりにも距離が近すぎるし、この場から即座に消える能力もないですし。
               (/interface_guide)

 

 だが、まともにやりあって勝てるとは思わない。
 片方はまだ能力が不明だし、まともにやり合って勝てる自信も――ない。

 

              (interface_guide)
              それでいいですよ。
        過剰なだけの自身は、マイナスにしかなりません。
              (/interface_guide)

 

 そう、だからプラスをどんどん上げて行動しなきゃいけない。
 勝率を――そのためには、どうする。
 距離が近すぎるのが問題だが――例えば、注意を他に引きつけて、その隙をつく――ってことはできないだろうか。
 ……いや、拘束されてる状態でどうやってやれっていうんだ。無理か。

 

             (interface_guide)
              可能ですよ。
             (/interface_guide)

 

 だが、あっさりとガイドは否定してくれる。

 嫌な推測を否定してくれた。

 

            (interface_guide)
          彼女――リスの能力ならね。
            (/interface_guide)

 

 と、ガイドはリスの能力を明かしてくれた。

 

            (interface_guide)
        昔でいう、サイコキネシスですね。
      念じるだけで、ものや人を動かせる能力です。
            (/interface_guide)

 

 ――パァッーと、光明が見えたかのようだった。
 それなら、外で物音を立てて、注意を引きつけられる。

 そしてそうか……僕が初めて彼女と会ったときも、一度捨てた拳銃をすぐに拾い直していたが、この能力のおかげだったのか。
 ……しかし、問題がある。

 

            (interface_guide)
        それを、どうやってリスに伝えるか。
            (/interface_guide)

 

 外に能力を使って、物音を立ててくれ。
 それを、どうやってリスに伝えるか。
 できなきゃ、いつだってできない。この拘束された状態で、どうやって。
 ――いや、難しくはないか。

 僕は、リスの背中に指で文字を描こうとする。普通の感覚とは違ってやりずらいけど、鏡を想定すれば書きやすいかな。
「――っ!?」
 ダメだった。
 リスはブルルッと敏感に反応して、僕の指を力強くにぎる。
「――っ!!」
 いだだだだだだだだっ――と、大声を上げそうになる。
 どうやら、背中をちょっとふれただけで声を上げるほど、リスは敏感だったようだ。

 

            (interface_guide)
        ここまできてギャグになるとは。
        しかし……そうなると、方法が。
            (/interface_guide)

 

 まずいぞ。これで、方法がなくなった。
 他に何がある?
 これじゃ――くそっ、リスも何でこんな。いや、彼女の体質だから文句も言えないけどさ。
 でも、攻撃してくることないじゃないか。おしり、揉んじゃうよ!?

 

            (interface_guide)
        ドサクサに紛れてセクハラしない。
        それよりも、どうしますかねぇ。
            (/interface_guide)

 

 ね、ねえ!
 きみなら、彼女にだけ内緒でメッセージを送ることが。

 

            (interface_guide)
              やーだ!
            (/interface_guide)

 

 なっ!?

 

            (interface_guide)
           それは規定に反します。
    あなたにできるのは、情報やアドバイスをあげることです。
            (/interface_guide)

 

 べ、別にいいだろ、これぐらい!?

 

            (interface_guide)
            規定ですから。
            (/interface_guide)

 

 思わず、感極まって叫びそうになるのを――こらえる。
 そしたら、命がないじゃないか。
 しかし――しかし、どうするか。どうやって、彼女にメッセージを伝える。

 

            (interface_guide)
              ………。
            (/interface_guide)

 

 また、わざと三点リーダーを表示しやがって。
 くっ、少しくらい手伝っても良いじゃないか。……もう、どうやって彼女にメッセージを伝えればいいのか。

 

           (interface_guide)
          方法はありますよ。
           (/interface_guide)

 

 え?

 

           (interface_guide)
             ………。
           (/interface_guide)

 

 だから、沈黙するなってーの!
 何だよ、少しぐらい教えたっていいじゃないか。
 肝心なとこは自分でやれってか?
 くっ、何てガイドだよ……いや、ガイドだと言われたら何も言い返せないけど。でもさっきは、散々好き放題言ってくれたのに……ぬぅ……方法なんて他になにが……メッセージ。
 背中に指で伝えるのがダメ。
 ……お、おしりは?
 い、いや、何言ってるんだろ。部位の問題じゃないでしょ。
 ……でもさ、伝えるとしたら、指でさわらせるとか――感触でしか方法がないんだよね。
 声も出せない、反対に向き合ってるから視覚も――触覚――触覚?
 ――例えば、何かに文字を記せば?
 そう、筆跡でならさわって確かめることができる。伝えることができる。
 僕の体の一部を硬質化できる能力――ナイフのように、切り刻めば。
 しかし、刻むものがなければ何も――いや、あるか。
 なかったら僕の体で――と物騒なこと考えたけど、そんな必要はない。

 ゴム――奴らは、ご丁寧に僕らを拘束するとき、ゴム紐を使ってくれた。
 奴らが普段から使ってるものを――さわると表面がさらさらとしたものを。
 これに、文字を刻んで作戦を伝えよう。

 

          (interface_guide)
      考えるようになったじゃないですか。
          (/interface_guide)

 

 上から目線やめろ。
 ……褒められるようなことじゃないさ。
 正直、どれ一つとっても不安ばかりで、辛くて――

 僕は文字をゴムに刻み、彼女に触れさせた。
 ……彼女に、作戦が伝わったようだ。
 了解したら、手を強くにぎってと指示した。
 セクハラじゃなくて――作戦だ。そこから、十秒後に作戦を開始すると言った。
 手を強くにぎってくれる。
 ……強く、思っていたよりも力が……イデデデデデッ、予想以上の強さでにぎってきた。
 ちょ、リス!
 そこまでされると、手が折れちゃうよ!
 ……ん?
 力が、弱まらない。

 

              (interface_guide)
            不安なんじゃないですか?
                彼女も。
              (/interface_guide)

 

「………」
 僕は逆に決心がついた。生き残る。

 

 024

 

 作戦はこうだ。
 まず、外で物音を立てて敵の注意を引きつける。
 ……耳がつんざくような音がした。

 

『な、何だ!?』
『て、敵か?』

 

 派手にやりすぎだよ、リス!
 それじゃ、下手したら逆に敵が警戒して引きこもっちゃうかもしれないだろ!
 ……だが、敵はわざわざ確認しに行ってくれた。

 

            (interface_guide)
          今、一人が行きましたね。

     リーちゃん、予想以上に緊張してて焦りましたが……。
         なるほど、透明化の能力ですか。
            (/interface_guide)

 

 正確には、自身がふれたものを任意で透明化できる能力らしい。
 敵の一人は衣服だけじゃなく武器も透明化して、外に出た。その能力ならいくら危険でも、気付かれずに確認できるだろう――と、思ったようだ。ありがたい。
 そうなると、残るは一人だが。

 

「んぅぅぅぅっ!!」

 

 僕は、目蓋を閉じながらうなり声を上げた。
 身をよじらせて、わざとうるさくして、だ。
『――っ!』
 敵は案の定、反応し、拳銃を向ける。
 ――そして、目をこらす。
 うならされてる?
 僕が、どういう状態のあるのか探る。
『……起きてるのか?』
 反応するな。念のための確認だ。
 敵は睡眠薬で眠らせたからこそ、ゴムで縛る程度しかしてない――雑な拘束をした。いくら、少女達とはいえ相手は能力者だぞ。

 それが、起きていると分かれば警戒するはずだ。
 場合によっちゃ、殺すかもしれない。
『………』
 ここで撃ってきても別に僕は問題ない。
 体を硬質化して、銃弾を防ぐことができる。
 問題はこちらに完全に注意がいってるかどうかだ。
 徐々に……徐々に、僕に近づいてくる。
 念のため、眠ってるだけだと確認したいのだろうか。
 しかし意外だな、すぐに殺しにかかると思ったけど。
 ぶっちゃけると、人質といっても僕らが生きていてメリットになることは、こいつらに一つもないんだよね。

 

              (interface_guide)
      ……それほど子供を殺すってのはタブーなんですよ。
       昔の人類史でも今でも――それだけは変わりません。
              (/interface_guide)

 

 ま、もうすでにこいつらはクジラを殺してる。情けなんてないけどね。
 一歩、二歩と――よし、そこだ。
「やれ、リス」
 命令した。
 敵が起きてるのを知って戦慄するが――遅い。
 敵のうしろから、イスやら家具が襲いかかった。ぶつかった。

 

             (interface_guide)
     注意をこちらに引きつけて、さらに声を発する。
   注意が完全にこちらにいったとこを、サイコキネシスで奇襲。

   部屋の中にあったものを手当たり次第、敵のうしろからぶつけた。
              そして――
             (/interface_guide)

 

 そして、僕は能力でゴムを切り、敵に突進するように挑み掛かった。
 これで――勝機は――だが、敵は僕の頭から体重で押し潰されるように組み伏せられる。
 体術――馬鹿な――。

 

             (interface_guide)
             まずいですよ!?
             (/interface_guide)

 

 よりによって、最後のツメで失敗したらしい。
 敵のバランスを崩すに崩した上で、接近戦でトドメを刺そうとしたのに――あまりにも、僕が、弱かった。
 敵は拳銃をこちらに向けた。


『死ね』
「お前が死ね」


 銃口は、ひっくり返って敵の顔に。

 ――銃声っ。

 血飛沫が飛び、男は僕の顔に――降りかかろうとするのを、リスが止めて、蹴り飛ばした。


「……だ、大丈夫?」
 サイコキネシスで、敵の銃口をひっくり返したようだ。
 まだ怯えた表情で、涙で震えながら、僕の手をにぎるリス。
「……うんっ」
 死にそうになった。その感覚が、――骨髄を刺されたかのように衝撃がまだ走ってるけど。
 でも――それでも僕は、彼女に手をにぎられて、少しは和らいだ。
 救われた。

 

             (interface_guide)
               ………。
             (/interface_guide)

 

 敵はまだ一人残ってる。
 だから急がなきゃいけないのに、ガイドも止めなきゃいけないのに。
 このときばかりは気を使って、見届けていた。
 いいよ……ありがとう……少し、少しだけ。
「生き残ろう」
 リスは言ってくれた。
 この瞬間を大切にしたかった。
「……生き残ろう」
 死にたくない。
 敵を殺してでも、僕はまだ、彼女とともにいたかった。
 だから、戦うことにした。

 

             (interface_guide)
         敵が音を聴いて、もどってきますね。
             (/interface_guide)

「………」
 上等だよ。

 

 NEXT → 第八話 「殺す」

 

 

 

 

 本編もよろしく。

kakuyomu.jp