読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

I’ll(7start 2.0 番外編)  十二話「死にたくない」

 はじめに

 *スマホだと、一部表記が乱れる可能性があります。

 

 これまでのまとめ。

I’ll まとめ (7start 2.0 番外編)

 

 前回の話。

I’ll(『7start 2.0』番外編) 第十一話「死亡フラグ」

 

 本編

   I’ll 十二話「死にたくない」

 

 035

 

 ――敵は、血液をあやつる能力者。

 

               (interface_guide)
               避けるか、受けて!
               (/interface_guide)

 

 無茶言うな――いや、僕の能力なら敵の攻撃を受けることができる。
 全身の一部を硬質化する能力。
 といっても強度はそんなに高いわけじゃなく、せいぜい体の一部を銃弾が弾くぐらい硬くする――って程度だ。
 それで、充分だと思っていたんだが。


「何か、敵の攻撃が増してないかい?」

 

 僕は背中を向けて全速力で逃げていた。
 うしろからは血液を銃弾のように放出させ、攻撃してくる――少女。
 灰色のニット帽を被り、短い金髪、端整な顔立ちに薄汚れたツナギを着ていて、バタフライナイフを持って、指から血を流して――男の子のように見える少女。名前は『X』。

 

              (interface_guide)
            随分と敵は怒ってますね。
              (/interface_guide)

 

 冷静に言わないでよ!
 こっちは今死にそうなんだよ!
 何だよ、あの連射性! 威力! スピード!
 段々と弾く所じゃなくて、衝撃で――。

 

 と、僕の体が回転してしまう。
 地面を坂道のように転がる。平坦な道で――慌てて起き上がり、逃走。
 敵は倒れてる最中は攻撃しないという誓約でもついてるのか、いやついてるのか? 何もしてこなかった。

 

              (interface_guide)
       やたらと教義に忠実なのは分かりましたね。
       これなら、森の中に隠れた方が良さそうです。
              (/interface_guide)

 

 は?
 も、森の中って――な、何で。
 ……あっ!
 僕は言われた通りに森に走って行く。
『逃げるな!』
 敵の甲高い声が聞こえてくる。


 ひぃっ!!

 

              (interface_guide)

       彼女の様子だと負傷してるリスを襲いそうにない。
         それなら距離を取って逃げた方が効率的。
       そう、この障害物の多い森の中まで逃げれば――
              (/interface_guide)

 

 パンッ――パンッ――パンッ――と、高木を貫く音。
 樹皮は破壊され、パラパラと落ちた。乾いた破裂音がひびく。
「ばーか! そんなんじゃ当たらないよ、おとこ女!」
 余計に怒らせたようだ。
 血の弾丸の数が増えていき、乾いた破裂音が増えていった。

 

              (interface_guide)
               いいですよ。
    障害物は見えにくいし、攻撃も貫通するごとに威力が減ります。
           そして、敵は自分の血を使っている。
 あまり連発すると簡単に倒れてしまうもののはず。それなら、怒らせて平静をなくせば。
              (/interface_guide)

 

 僕にも勝機がある!
 僕はひた走り、敵にあらんかぎりの罵倒を――

 

              (interface_guide)
                嘘っ!?
              伏せて、アイル!!
              (/interface_guide)

 

 え、と一瞬だけ僕はとまどうが、ガイドの言う通りにすぐに伏せた。
 瞬間――猛吹雪のような血の弾丸が頭上を襲った。
 高木は貫通するどころか幹を破壊されたものも多かったようで、いくつか危うく近くに倒れかかってきた。
「ひぃっ!?」
 魚の大群のような血の弾丸を一度に放出したX――馬鹿じゃないのか。あんなに、一度に血を使ったら倒れてしまうに――

 

              (interface_guide)
              いえ、違います。
              (/interface_guide)

 

 敵は、死体の血を使っています。
 と、ガイドは言った。

 

 ……ん?
 ……んぅ……。
 あ、最初に拘束を解いたときの!

 

 僕は舌打ちをしてしまう。あ、あれから血を――大量にある、血。
 もう、死んでるからどれだけ失ってもかまわない。
 くそっ、終わったじゃないか。おい!

 

              (interface_guide)
            いえ、まだ手はあります。
              (/interface_guide)

 

 手なんてないよ!
 だって、唯一敵の限界が勝機だったのに、これじゃ!

 

              (interface_guide)
          あきらめるな!
         (/interface_guide)

 

 どでかい文字がでーんっと表示される。

 

             (interface_guide)
     いいですか。敵は死体から確かに血を操れます。
       しかしそれは、限界があるようです。
     見てみなさい、今、血は死体とつながってるでしょ!
             (/interface_guide)

 

 と言われ、僕は這って方向を転換。
 Xが佇んでいるのを目撃した。
「――あ、あれは」
 まるで赤いロープのようなものが、彼女のわきに浮かんでいる。
 あれから、血の弾丸が放出されたようだ。

 

             (interface_guide)
         あれから、攻撃してるようですね。
             (/interface_guide)

 

 あれを、死体からわざわざ能力で伸ばして――ここまで運んでいるのか。
 僕は絶句する。
 あ、あれはどこまでいける?

 

             (interface_guide)
    そう、だから結論としては最初と同じになるんですね。
             (/interface_guide)

 

 逃げろ!
 ガイドは言った。
 僕は這って進みながら、血の弾丸が頭上を通り過ぎるのを体感しながら、這って這って進み進み――ある程度距離を取ると、低姿勢のまま駆けだして逃げた。
「はぁっ……はぁっ……ひぃっ!!」
 血の弾丸は音もなく、風を切る音だけなんで、本当に心臓に悪い。
 これが音を鳴らすときは、風や高木など、もうすでに何かを傷つけたあとである。

 

             (interface_guide)
      距離――距離さえ、取れれば大丈夫なはずです。
             (/interface_guide)

 

 敵は血液を操る能力者。
 確かに、それはすごい。
 あんなふうにただの血を弾丸のようにするなんて。
 ――だが、それでもやはり血を操るっていうルールは厳しすぎる。
 自分の血だと限界があるし。
 他人の血だと、あのようにロープのようにして伸ばさないとダメなんだろう。

 

             (interface_guide)
 おそらく、元々血が体から離れるとすぐ効力をなくすんじゃないでしょうか。
    死体から血を操るとき、ロープのように伸ばしたのもこれが原因。
     そして、さっきから弾丸のように飛ばしてるのも、これが理由。
             (/interface_guide)

 

 なるほど、それなら説明がつく。
 だが、逆を言ってしまえば、距離。距離さえ取ってしまえば、敵は死体から血を操れなく――いや、完全にとまではいかなくても、操りにくくなれば。
 そして、敵が不利な状態になれば、いくらでもやりようは。

 

             (interface_guide)
    そう、もう少し離れたら簡易的な罠でもはりましょうか。
           雑草を利用した足払いや、

  あなたの場合は髪の毛を硬くすればワイヤーのようにもなります。
      ワイヤーがあれば罠の種類は一気に増えますよぉ。
             (/interface_guide)

 

 やった――。
 これで、僕は勝機がやっと見えてきた気がした。
 そうだ、あきらめずに戦えばどんな強敵にも勝機が――

「一応、正々堂々のために言うぜ? 真上から殺す」

 と言われ、僕が頭上を仰ぎ見ると――
 X。
 彼女が、血を鎌のような形状に変えて浮かんでいた。
 遅れて破裂音。

 

             (interface_guide)
              しまった。
     これが、敵が急に速度を上げて迫ってきた理由!
             (/interface_guide)

 

 巨大な弾丸を作り、それに乗っかって――突撃してきやがった!
 僕は、戦慄する。


「あっ――」


 あ、死んだと。

 

「死ね」

 彼女の冷たい声が、いつまでも脳裏にひびきそうで――


 

 NEXT → 第十三話「夢」

 

 

 

 本編もよろしく。

 カクヨム投票しめきりまで、もうわずか!

kakuyomu.jp