読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

I’ll(7start 2.0 番外編)  第十三話「夢」

 はじめに

 *スマホだと一部表記が乱れる可能性があります。

 

  カクヨムに投稿している『7start 2.0』の番外編です。

 

 I’ll これまでのまとめは。

I’ll まとめ (7start 2.0 番外編)

 

 I’ll 前回の話は。

I’ll(7start 2.0 番外編) 十二話「死にたくない」

 

 本編

   I’ll 第十三話「夢」

 

 036

 

 僕は――消えていく感覚を受ける。
 
 意識が――沈んでいくかのようだ。

 

          <i>      しずんでいく      </i>

 

           <i>      しずんで      </i>

 

            <i>      沈んで      </i>
             <i>      沈む      </i>

              <i>      沈      </i>

                                                        <i>    沈っ    </i>

                                                         <i>    沈……  </i>

                                                             <i>   沈…… </i>

                                                                 <i>  沈  </i>

 

 ……このまま、死ぬのかな。
 ……いやだな。
 ……死にたく、ないな。

 

 脳裏に、リスの顔が浮かんだ。

 

 ……死にたく、ないなぁ。
 転生なんてやだよ。
 ……生きて……生きて、やり直したい。
 もう一度、どうやればあの戦いに生き残れるか。クジラだって……あと、Xに勝てるかも分からない。
 でも……でも……リスに、もう一度……会いたい。

 

 037

 

「アイル!!」「――おわっ!?」

 

 衝撃で目が覚めると、眼前にリスがいて余計に声を上げる。「おおっ!?」
 で、首を絞められる。


「何で、私を見て悲鳴を上げるのよぉ……」
「ぢ、ぢがう……ぞ、ぞういうわげじゃ……」

 

 起きると、僕がいたのは木目の床に敷かれた布団の上だった。
 見回すと僕以外にも負傷者が横たわっている。

 二十畳以上はある大部屋。教室を利用した場所らしい。

 窓ガラスからはライトの光がこぼれていて、明るい。
 この中には僕以上に――凄惨なありさまの者もいるようで、その人は衝立代わりのカーテンで隠されていた。だが、ときおり聞こえる悲鳴が耳にひびく。


「……ここは?」
「負傷者の収容所」
 もどったんだよ。
 と、リスは微笑みながら言った。

 

               (interface_guide)
           これじゃ、夢オチと変わりませんね。
                ぷんぷん。
               (/interface_guide)

 

 拡張現実で、視界にウィンドウが表示された。
 ガイドも無事のようだ――いや、傷つくことがまずありえないのか。


 僕の全身からは、湿布や塗り薬のにおいがする。

 包帯もいくらか巻かれていて、とくに頭部や手足が重点的にされている。

 見ると、リスも僕と似たようなものだ。彼女がいつも被っているニット帽は、そばに置かれていた。ビニール袋にまるごとつめられて。僕の衣服もそこにあるようだ。
「……どうやって?」
 僕は重要なことを聞いた。
「九鴉さんが助けてくれたんだよ」
「え?」
 九鴉が?
 そんな、どうやって。

 

               (interface_guide)
           いや、爆発で煙が上がったでしょ。
               (/interface_guide)

 

 ――あぁぁぁっ。
 僕は納得する。
 そりゃそうだ。あれだけドンパチやってれば、音も響いただろう。

 

              (interface_guide)
     運良く、九鴉もあの辺りと推察してたらしくてですね。
         すぐに察知してくれたらしいですよ。
   あなたが五体満足なのも、彼が殺されそうなあなたを救ったからです。
              (/interface_guide)

 

 と、思わず自分のカラダを確かめる。
 上半身は胸に布が巻かれた程度で、露出。
 腕やお腹など、切り傷や打撲を治すために塗り薬や湿布が貼ってあった。
 ……九鴉がいなかったら、この手足もどうなっていたことか。


 ぞっとする。


「アイル?」
 ぞっと……した。
「アイル」


 リスは何も言わず、僕を抱きしめてくれた。
 僕は、ありがとうを言うヒマもなく、泣いた。

 

 038

 

 意識が覚醒したら部屋から出てけと言われた。
 ちょっと、ひどいんじゃないと文句を言おうとしたが――続々と運ばれる負傷者を見て、何も言えなくなった。
「……カバタ族」
 僕の重々しい声に、リスがビクッと震える。
 ……震えることないじゃないか。
 きみだって、あいつらに襲われただろう。
 ……クジラを、殺されたじゃないか。

 

              (interface_guide)
           一つ、忠告しておきますよ。
              (/interface_guide)

 

 ガイドが余計なクチ出しをしてくる。
 何だよ、別にきみに何か言われなくても。

 

              (interface_guide)
           リスは、サズカ族の出身です。
              (/interface_guide)

 

「……ん?」
 僕は突拍子もなく声を出す。
 だが、この程度なら怪しまれることはない。
 リスも気にしていない。
 いや、僕はそれどころじゃなかったが。
 ……サズカ族?
 それって……カバタ族を、あの僕らを襲ってきた二人組の親元のような。

 

             (interface_guide)
         そうですね。このテロの元凶です。
             (/interface_guide)

 

「………」
 僕は、冷や汗を垂らしてリスを見た。
 そしてすぐに、一瞬抱いた恐怖を恥じてしまう。
 リスは青白い表情で負傷者を見つめていた。
「リス」
 彼女を彼岸から連れ去るように、呼びかけた。
「リス!」
 彼女の手をにぎる
「……ごめん」
 あやまるなよ。
 何で、あやまるんだよ。
「……ごめん、なさい」
「違うだろ」
 きみのせいじゃ、ないだろ。
 こんなとき、僕らを助けてくれた九鴉だったら、また何か違うことが言えたのかな。
 あのXと戦って僕らを救出できるぐらいの人だ。
 ナンバーズだ。
 強いんだろうな……そんな人だったら、こんなときにも、もっとリスを助け、はげます言葉を出せるだろうに。
「きみは……きみは、わるくない」
 ただ僕は、泣いて彼女の手をにぎるしかできなかった。

 

               (interface_guide)
         ……それだけで、十分だと思いますよ。
               (/interface_guide)

 

 ガイドが珍しく、優しい口調で言ってた気がするが無視した。

 

 NEXT → 第十四話 「墓場」

 

 

 

 さいごに

 

 本編もよろしくお願いします!

kakuyomu.jp