読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

アクションはすごい(ツイ・ハーク監督『ドリフト』 感想)

 最近見た映画の感想。

 

 

 『ドリフト』

ドリフト [DVD]

ドリフト [DVD]

 

  ツイ・ハーク監督の作品。

 ツイ・ハーク監督は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズで天地黎明など三作品を監督し、ハリウッドでの監督デビューもしている。

 曰く、香港のスピルバーグ。(ここら辺の話は、『映画秘宝ex 最強アクション☆ムービー決定戦』が詳しく載ってる)

 というか、決定戦でチラッと名前が出てたから借りたんだけどね。

 

 いや、ドラマ部分はすごい退屈。

 話の内容としては、バーで働いていた男がたまたま女性警察官と出会い、やっちゃう。そして、出来ちゃう。女性警官は自分などアテにせず、職もやめて、一人で生きて行くと決意し、おいおいそんなことさせられるかとやっちゃった男――主人公は、護衛会社に勤め、稼ごうとするが、そこで護衛対象となった男と運命的な出会いをし――

 ……実際こんな話だから困る。

 遠回しに、遠回しに、線を繋ぐ話というか。もっと簡潔に話ができただろうに。

 でも、アクション部分はすごい面白い。

 

 今作でアクションがかがやく俳優って、そもそもロックの人らしい。

ameblo.jp

 

 最後の辺りで、九龍城らしい(なのだろうか?)場所で戦闘をするのだが。

 五十階ぐらいあ(りそうな所から、真下まで急降下(ロープつけて)するシーンとか圧巻だ。

 カメラが、窓を突き破って飛び降りるシーンを撮ったかと思うとそのままカットもきらず、それを追いかけるのだ。

 『ブギーナイツ』でプールに入ろうとする水着美女だっけ、彼女を追い返ると思ったら、そのままプールにも入ってね。すごい驚いたが、『ドリフト』のこれは、それに匹敵する、いや度肝抜かれるシーンだった。

(ちなみに飛び降りたあと、敵もロープで飛び降りて銃撃する)

 その他にも、段差のようなベランダを一段ずつ降りていったり、壁キックして降りるシーンとかあったりね。

 何十階もあるようなとこをだよ。

 『YAMAKASI』っていう、リュック・ベッソン原案脚本のパルクールを使ったアクション映画を思い出した。

 あと、ハンターハンターで「あ、忍者だ!」ってセリフも思い出したね。(分かるかな……)

 ほんと、リアル忍者! もしくは立体機動! と思わせるシーンでここはほんとによかった……それ以外はほんと、退屈なんだけど。

 いやでも、そのアクションはいいので、そのためにだけおすすめです。

 

 

 以上、蒼ノ下雷太郎でしたぁ。