読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

そうそう、切り離せないよ。だって大切だもの。(『ファンボーイズ』 感想)

 今月の映画秘宝みて、キャプテン・アメリカに恋人がいるってのを知って絶望し、同時に心配した。「それ絶対策略だよ!」失礼だろうか。だが、あれほどキングオブモテないもいないと思うのだが。いや、じゃあお前はどうなんだと言われれば、キングじゃないけどモテない、冴えないモテない男なんだけど。

 

 さらに映画秘宝みると町山さんが柳下さんに『進撃の巨人』でつっこまれる話もあり。というか、春日太一さんのツイート見ると、やっぱ見るべきじゃないのかな……と思いつつ、多分、明日は見に行くと思う。それで書きたい評論があるし。どう語るにしても見なきゃ語る資格もないだろうし。まぁ、割引でたった1100円で買える資格なんだが。

 

 

 こう、夢見ていたというか。焦がれていたというか。信じていたというか。

 そういったものが崩れていくのは悲しい。

 変化。

 という言い方もできるが、変化というのは中々耐え難いものだ。うれしいものばかりではない、こわいものもある。いやうれしくても、突然の変化に耐えられない者がいる。デレマスの島村卯月がそうだろう。

 『ファンボーイズ』という映画がある。

ファンボーイズ [DVD]

ファンボーイズ [DVD]

 

 

 ようは、あれだ。『木更津キャッツアイ』を思い浮かべればいい。

 あれは、ぐっさんが余命幾ばくかって宣告されるが。

 この映画のある人物も余命が少ないと宣告される。

 木更津と違うのは、木更津はまだいつもの馬鹿騒ぎが続くかと思いきや――という展開ではなく。

 余命幾ばくと聞いて、卒業した馬鹿騒ぎにもどる――というものだ。

 多少ちがう。

 だが、友達とやる馬鹿騒ぎの内容は大して変わらない。

 この映画のジャケットを見れば分かるが、主要メンバーはスターウォーズマニアで、真性。もうどうしようもないほどのマニアで、映画のワンシーンの細かな名前から、ちらっとしか出てない設定まで暗記している。もう覚えようと体が意識するのではなく、水が体に浸透するように――自然と記憶している感じ。彼らはそれほど好きなのだ。

 だがそれも子供の頃ならよかったが、いい歳したおっさんでロクに働かずやられたら、たまったもんじゃない。

 ここは木更津と似ている。木更津は別にオタクというわけじゃかったが。

 人は誰しも馬鹿騒ぎしたくなるものだろう。俺なんて毎日頭の中で馬鹿騒ぎだ。馬鹿だからな。だが、馬鹿は永遠に続くモノではない。馬鹿というのは成長していない段階を差すのであって、成長したら消えてしまう。

 そう、消えてしまうのだ。

 過ぎ去るものに、感情を抱くのは古今東西ありとあらゆる映画にある。アニメオタクいえば、『けいおん』がそうだろうし、今では『のんのんびより』もそうだろう。

 

 いつかは消えてしまうもの。

 だからこそ、儚く美しくもある。

 

 『ファンボーイズ』の登場人物たちは、余命幾ばくをキッカケに旅に出る。

 ルーカススタジオに忍び込んで、まもなく上映されるエピソード1(これが公開される前という設定)を盗み見るという、とんでもない話。

 荒唐無稽と思われるだろう。

 途中、スタートレックのファンとも死闘を繰り広げ、娼婦に金を巻き上げられたり、何かスターウォーズ関係ないジャン! と思うこともあったのだが、しかし、それを含めて馬鹿騒ぎ。大勢でやればどんなまずいバーベキューもおいしいと、『ガッチャマンクラウズインサイト』で言っていた。どんなアホなことも、友達とやればおもしろいのだ。

 

 

 最後はけっきょく、主人公達はスターウォーズのファンのままなんだが。(エピソード1を見る前)

 それでも、変わったモノがある。カレッジの呼び名だとか、就職だとか、そんな細かいこと。しかし、そういう細かいことが徐々に変わっていくのが人なんだろうし、その中で消えていく人もいたけれど、それも含めて、楽しいなと思わされた映画だった。

 感動した!

 スターウォーズでも何でも、どんな作品のファンも、案外こういうものだよね。

 そうそう、切り離せないよ。だって大切だもの。

 以上、蒼ノ下雷太郎でしたぁ。