読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼ノ下雷太郎のブログ

一応ライターであり、将来は小説家志望の蒼ノ下雷太郎のブログです。アイコンなどの画像は、キカプロコンでもらいました。

最終回前に……おそ松さん、好きなあなたにおすすめのコメディ映画5!

おすすめ映画

 おそ松さん、好きなあなたにおすすめのコメディ映画5!

 俺は「おそ松さん」は、ニコニコ動画で見てるからね。

 どうしても一週間遅いんだが……今週はどうしても、テレビで見たいね。

 最終回。

 

 いい歳してライターなんかやってんじゃねぇ! と自分にも危機迫る内容で驚いたけど。

 これまでにも「おそ松さん」って映画ネタが多かったけどさ。

(冷凍庫で魚殴ってたのは肉を殴ってた『ロッキー』思い出すし、まんま『マッドマックス』が何回もあったし)

 今回も「おそ松さん」に似た風刺的というか――おもしろいのも含めて、紹介したいと思います。

 5作品ね!

 

 1,ワタシもトト子ちゃん? って方におすすめ! ヤング≒アダルト

ヤング≒アダルト スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ヤング≒アダルト スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

 

 都会に住む37歳の主人公・メイビスは、元恋人からメールが届く。

『赤ちゃんの誕生パーティーに来て下さい』とか、何ぬかしてんだと思う内容だが、彼女は妙な妄想を抱いて誕生パーティー――実家へと帰省する。

 

 この妙な妄想というのは、元恋人と再び恋に落ちて、某タレントよろしく略奪婚できないかなという、とんでもないものだった。

 昔の同級生、オタクのマットにさえ、「お前おかしいよ」と言われる始末だが、彼女は聴く耳持たない。

 で、その元恋人に彼女は自信満々にアプローチをかけるんだけど……いや、これが全然成功しなくてね。

 そんな彼女が、というかアメリカに住むトト子ちゃんのような彼女が、その後、誕生パーティーに行ったらどうなるか。これはもう、語る必要はあるまい。

 映画史上、最も痛々しい場面になるのである……あぁ、これは痛い。

 

 しかし、この映画のすごいとこはそんなに痛々しい目にあっても、最後は立ち直る。

 めげない! 主人公である。

 いや、少しは反省しろよ! という話だが、彼女はマットに励まされ、そしたら予想以上に元気になってまた都会にもどっていく。ある意味、ここの部分だけは見習いたい次第である。

 トト子ちゃんに憧れるあなたにおすすめ!

 (ぶっちゃけ、これコメディって枠組みじゃなかった気がするが、まぁいいか!)

 

 2,ニートってすばらしい! 俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-!

俺たちステップ・ブラザース -義兄弟- [DVD]

俺たちステップ・ブラザース -義兄弟- [DVD]

 

 

 コメディ映画が好きな人なら、誰もが知ってる『俺たちシリーズ』。

 知らない人は簡単なので、これだけは覚えておいてもらいたい。

 『俺たち』とつく馬鹿そうな表紙のコメディ映画は、当たりである。

 これは宇宙の法則なので絶対である。間違いない。

 

 どういう映画かというと、片親同士が再婚したら、それについてたニートも同じ屋根の下で暮らすことになり――最初は仲が悪かったが、次第に絆を深め義兄弟になったという話。

 

 いや、こう話すと単純だが。

 もちろん、この続きもあって、そこで問われるのはニート問題である。

 この人達、表紙から分かるとおり、ほぼ40歳のおっさんなんだよね。

 大人じゃない、もうおっさんだよ!

 仕事でそこそこいい地位にいるはずの年齢だよ!

 だが彼らは二段ベッドを作っても良い? で深夜に起き出して親にたずねて、がっさがっさ二段ベッド作りをするくらいであるからして――

 

 でも、最後は何だかんだで就職してね。

 あぁ、人並みの生活をするように見えるんだけど――最後は、じゃあ何でニート生活を続けてたのかを明確に示してくれて。

 それで失っていたものも、もちろんあるけれど。

 でも、得たものだってあるんじゃないかと! 堂々と提示してくれるすごい映画なのだ。

 

 ニートになりたいあなたにもおすすめです!

 

 3、マッドマックス 怒りのデスロード!

 

 4,マッドマックス 怒りのデスロード!

 

 コメディ映画とか、そういうジャンルはどうでもいいんだよ!

 これ見てない奴はデカパン達に血袋にされちまえ!

 

 ……いや、ね。何か、真面目に書こうと思ったんだけど。……つい。

 

 ともかく、毎日が退屈だと思うあなたにおすすめ、マッドマックス

 

 5,別れなど知らぬ! 絆こそ全て、にこの映画! ファンボーイズ

ファンボーイズ [DVD]

ファンボーイズ [DVD]

 

 

 ようは、「木更津キャッアイ」のような映画である。

 

 主人公は、昔はスターウォーズにドハマリしてたドオタクであったが。

 いやいや、いつまでも馬鹿やってられない。就職するよ、と。

 日夜、スーツを着て仕事に明け暮れていたのだが……しかし、ある日。

 彼は昔連んでいたオタク友達の一人が、余命幾ばくもない病にかかってるのを知る。

 

 で、彼のためにまだ当時は放映される前だった映画――「スターウォーズ エピソード1」を、ルーカススタジオに潜入して、見に行くんだね!

 ここで、語られるのはともかく友情。仲間、最高! である。

 そう、まるで「おそ松さん」のあの兄弟たちを見るような感覚。

 この、スタジオに潜入するまで――も、紆余曲折あって。

 セックスしたり、対立するスタートレック派閥と戦争したり、馬鹿やりまくるんだ。

 いや、ほんとに馬鹿丸出しで、何から何まで馬鹿100%なんだけど。

 これもそれも、友達との思い出をただ刻みたい――ってだけなのがね。

 もう、泣けるじゃないか。

 

 好きなもののために、がむしゃらになる。

 オタクなら国籍関係なく、誰もが共感できることである。

 

 さらば、友よ! って言葉が好きなあなたに、おすすめです!

 

 

 

 

 以上

 ふぅ……ぶっちゃけ、見出しの使い方がようやく分かったから、試しにやってみたんだけど。

 あはっ。

 ま、今後も使ってみよう。以上、蒼ノ下雷太郎でしたぁ。